抗がん剤の副作用を適切に把握して治療を進めるようにしましょう

水着の女性

個人輸入代行のリスクとメリット

まだまだ歴史が浅い抗がん剤治療ですが、抗がん剤治療はそれなりに多額の治療費が必要になります。確かに、厚生労働省が認証している抗がん剤を使用すれば保険も適用されますが、薬そのものが高価ですし幾度に渡って検査なども行いますから必然的にお金がかかってしまうということです。トータルでの治療費を安く抑える方法として、個人輸入代行サイトで海外から抗がん剤を取り寄せるという方法もあります。これなら海外の未承認薬を低価格で購入することができますが、未承認の薬だと治療に伴う検査や入院といった費用はすべて自己負担になってしまいます。保険や補助制度を使うことができなくなってしまいますからそこは注意しておきましょう。

海外医薬品の個人輸入代行をしている業者はたくさんありますし、中には抗がん剤を扱っているような業者もいます。抗がん剤は病院で処方してもらうもの、と思っている方が多いと思いますが、実際には個人輸入代行サービスを使って手に入れられるのです。個人輸入代行サービス業者の中には送料を無料にしているところもありますから、そのような業者のサイトだとよりお得に薬を手に入れることができるでしょう。また、現在の為替レートをサイト上に表示しているところもありますから、これなら計算もしやすいです。現在では個人輸入代行サービスを行う業者も増えましたし、それに伴ってサービスの内容や質も多様化しています。利用する業者はしっかり見極めてください。